沖縄女子旅2泊3日モデルコース!おしゃれスポットやおすすめホテルを解説

古宇利島

美しい海や観光地、独特の文化やグルメが豊富なため、国内の観光地で最も人気のある沖縄。

本記事では、沖縄女子旅2泊3日モデルコースを紹介していきます。合わせて女子旅におすすめのホテルも紹介していくので、女子旅を検討中の人は参考にしてみてください。

【1日目】沖縄女子旅2泊3日モデルコースプラン

沖縄のイメージ画像

1日目は飛行機の疲れもあり、全力で観光するのは難しいでしょう。そのため、那覇空港から近い沖縄南部の観光モデルコースを紹介していきます。

沖縄女子旅を計画している人は、ぜひ参考にしてみてください!

沖縄の美しい海を一望できる「具志川城跡」

具志川城跡沖縄に到着したら、まずは「具志川城跡」を訪れてみてください。具志川城跡は沖縄南部の海岸断崖にある城跡で、国指定城跡にも認定されています。

見どころはなんと言っても沖縄南部の美しい海を一望できるロケーションで、あまりの美しさにフライトの疲れが一気に吹き飛ぶはず!またメジャーな観光地にしては観光客も多くないので、ゆっくり散策することができます。
一応「ハブ注意」の看板がありますが、茂みに近づかなければ安全です。不安な人はスカートではなく、長ズボンやパンツを履いていきましょう。

那覇空港からも近く、車で約30分走れば到着します。沖縄南部の美しくのどかな自然を体感したい人は、具志川城跡を訪れてみてください。

<具志川城跡>
場所:〒901-0354 沖縄県糸満市喜屋武1730−1
時間:24時間
定休日:年中無給
駐車場:無料駐車場あり(数台分のスペース)
拝観料:無料

沖縄を代表するパワースポット「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

斎場御嶽(せーふぁうたき)「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界文化遺産に認定されているパワースポットです。沖縄を代表する観光地の1つでもあり、沖縄本土では「琉球王国最高の聖地」とも呼ばれています。

沖縄南部のジャングル内にある斎場御嶽はとても神秘的な場所で、幻想的な景色を堪能することができます。御嶽内には6つのイビと呼ばれる神域があり、中でも三角形のトンネルである「三庫理(さんぐーい)」は御嶽を代表するスポットです。

御嶽内はとても広く沖縄の自然を感じながら散歩するには最適な場所です。また、天気が良ければ神の島と呼ばれる沖縄南部の離島「久高島」を拝むこともできます。

神聖な場所なので過度に肌を露出した服を着ていくと注意される可能性があります。また、ハイヒールなどのかかとの高い靴でいく場合は、無料貸出の履物に履き替えなくてはいけないので、スニーカーやサンダルなど動きやすい靴で観光していきましょう。

<斎場御嶽>
場所:〒901-1511 沖縄県南城市知念久手堅539
時間:9:00~18:00(3~10月)/ 9:00~17:30(11~2月)
定休日:11月13日~11月15日(2023年)
駐車場:無料駐車場あり
入場料:大人300円

地中海風のショッピングモール「瀬長島ウミカジテラス」

瀬長島ウミカジテラス沖縄南部を観光した後は「瀬長島ウミカジテラス」で沖縄グルメや買い物を楽しんでいきましょう。瀬長島ウミカジテラスとは、沖縄南部の離島「瀬長島」にあるショッピングモールです。

白を基調とした地中海風のおしゃれショッピングモールで、女子旅には最適なスポット。目の前にはコバルトブルー色の美しい海が広がっており、ギリシャの観光地と見間違えるほど美しいです。

ショッピングモールのため沖縄グルメやスイーツ、お土産ショップはもちろん、温泉付きのホテルまであります。沖縄グルメを楽しみたいなら、テラス席のあるお店を選んでいきましょう。
沖縄の美しい景色を眺めながら、ジェラートやかき氷などの沖縄スイーツを楽しむことができます。

瀬長島は沖縄南部の離島ですが車でいける観光地です。また、那覇中心地から車で20分と立地も良いので、那覇付近の観光地を探している人は参考にしてみてください。

<瀬長島ウミカジテラス>
場所:〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174−6
時間:10:00 – 21:00(店舗によって異なる)
電話番号:098-851-7446
定休日:店舗によって異なる
駐車場:無料駐車場あり

【2日目】沖縄女子旅2泊3日モデルコースプラン

沖縄のイメージ画像2日目は丸一日観光できるので、沖縄北部や中部を観光するのがおすすめです!沖縄北部・中部の女子旅観光モデルコースを紹介していくので、参考にしてみてください。

沖縄観光と言えばココ!「沖縄美ら海水族館」

沖縄美ら海水族館沖縄を観光するなら「美ら海水族館」は絶対に外せません。美ら海水族館は沖縄で一番大きい水族館で、沖縄を満喫するのに最適な観光地です。

美ら海水族館の見どころはなんと言っても容量7,500m³の大水槽で、全長8.8mの巨大なジンベイザメやナンヨウマンタをはじめ、巨大な水生生物がたくさん泳いでいます。また、沖縄ならではのカラフルな熱帯魚や南国ならではの美しいサンゴの海も見どころの一つ。

さらに美ら海水族館ではイルカショーも楽しむことができ、イルカの優れた運動能力を生かしたアクロバティックなショーは迫力満点!沖縄でしか見れないマナティーやウミガメも飼育展示しているので、イルカショーを楽しんだ後に立ち寄ってみてください。

また美ら海水族館のすぐ近くにあるエメラルドビーチは、沖縄を代表する美しいビーチの一つのため、帰りに立ち寄ってみても良いでしょう。沖縄北部観光の参考にしていただけると幸いです。

<美ら海水族館>
場所:〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
時間:8:30 – 18:30(入館締切17:30)
電話番号:0980-48-3748
定休日:不定休(公式サイトを確認)
駐車場:無料駐車場あり

沖縄の海を満喫したいなら「古宇利島」

古宇利島沖縄本島から行ける「古宇利島」は、女子旅におすすめのスポットです。古宇利島と言えば約2mもある古宇利大橋が有名で、沖縄の美しい海の上を車で走れることから、ドライブコースの定番地となっています。テレビや雑誌などでよく特集されているため、一度は見たことがある人も多いはず。

もちろん、古宇利島にもたくさんの観光スポットがあり、中でもハートロックと呼ばれる恋愛パワースポットは女性に人気があります。沖縄版の「アダムとイブ伝説」が残るパワースポットのため、恋愛に関するお願い事をしてもいいでしょう!

また、古宇利島で海水浴を楽しむなら「古宇利ビーチ」がおすすめです。白い砂浜とエメラルドブルーの海というロケーションの中で、海水浴を楽しめます。夜になると満天の星空を鑑賞できる星空スポットになるため、沖縄の星空を鑑賞したい人は参考にしてみてください。

おしゃれなレストランやカフェもたくさんあるので、旅の休憩スポットとしても使えますよ。

<古宇利島>
場所:〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
駐車場:無料駐車場あり

アメリカンな雰囲気を楽しめる「美浜アメリカンビレッジ」

美浜アメリカンビレッジまるでアメリカのような風景とカラフルな世界観が印象的な「美浜アメリカンビレッジ」は、沖縄中部にあるショッピングモールです。北谷町の海岸沿いにあるためロケーションも最高で、カルフォルニアのビーチ沿いかと思うくらいおしゃれなスポットとなっています。

ショッピングモールのため様々な飲食店やショップが入っており、沖縄料理はもちろん、本場アメリカのグルメや最新スイーツを取り扱っているお店が多いです。米軍基地が近いことからアメカジショップも人気で、ここでしか買えないアパレルやグッズも人気です。

また、アメリカンビレッジと言えば施設内のいたるところにあるフォトスポットが有名で、レトロなアメリカをモチーフにしたペイントやオブジェがたくさんあります。映えスポットがいたるところにあるので、女子旅の思い出としてたくさん写真を撮っていきましょう!

アメリカンビレッジ内にはホテルもあるため、沖縄北部や中部をメインに観光したいならアメリカンビレッジのホテルがおすすめです。おすすめのホテルは記事の後半で紹介しているので、参考にしてみてください。

<美浜アメリカンビレッジ>
場所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜
時間:10:00 – 22:00(店舗によって異なる)
電話番号:098-926-4455 (北谷町観光情報センター)
定休日:店舗によって異なる
駐車場:無料駐車場あり

【3日目】沖縄女子旅2泊3日モデルコースプラン

沖縄のイメージ画像最終日は飛行機に遅れないよう、那覇中心地や沖縄南部で観光していくのがおすすめです。そのため、ここでは那覇や沖縄南部の観光地を紹介していきます。

飛行機に乗る2時間半前にはレンタカーを返せるよう、余裕を持って行動していきましょう。

沖縄の文化やグルメを体験するなら「おきなわワールド」

おきなわワールド「おきなわワールド」は琉球王国をモチーフにした体験型のテーマパークで、沖縄の文化やグルメを体験できるスポットです。パーク内はとても広く、全部で7つのスポットに分かれています。

特におすすめなのがおきなわワールドを代表するスポットの「玉泉洞」で、全長5,000mの鍾乳洞はとても美しく、幻想的な空間となっています。鍾乳洞内はひんやりとしていてるので、夏や梅雨時期に観光するのがおすすめです。

またハブとマングースのショーも人気で、おきなわワールドの名物として有名。沖縄でしか見れないフイリマングースはとても可愛いので、動物好きは必見です!

ほかにも、スーパーエイサーショーや沖縄グルメ&スイーツなども楽しむことができます。沖縄の文化やグルメを堪能したいなら、おきなわワールドがおすすめですよ。

<おきなわワールド>
場所:〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川1336番地
時間:9:00 – 17:30(最終受付PM16:00)
電話番号:098-949-7421
定休日:年中無休
駐車場:無料駐車場あり
入場料:大人2,000円

沖縄女子旅におすすめのカフェ「浜辺の茶屋」

浜辺の茶屋浜辺の茶屋」は、沖縄南部にあるおしゃれなカフェです。美しい沖縄南部の海を見ながらコーヒーやスイーツを堪能できるため、女子旅におすすめのスポットとして有名。

ロケーションが素晴らしく、カウンター席から見える景色はまさに絶景の一言!沖縄南部の素朴ながらも美しい海を見ながらモーニングやランチを楽しむことができます。

おすすめのメニューは沖縄の野菜やフルーツを使った限定プレートやトースト、クロムッシュです。また、シフォンケーキやガトーショコラなどのスイーツも人気です。

ドリンクに関してはコーヒーやカフェオレはもちろん、沖縄らしい琉球花紅茶やパッションフルーツジュースなどもあります。女性向けのメニューが多く、ロケーションも最高なので、沖縄南部を観光する際はぜひ立ち寄ってみてください。

<浜辺の茶屋>
場所:〒901-0604 沖縄県南城市玉城2−1
時間:月~木 10:00~18:00(LO17:00)/金~日・祝 8:00~18:00(LO17:00)
電話番号:098-948-2073
定休日:年中無休
駐車場:無料駐車場あり
予算:1,000円~2,000円

沖縄旅行の最後はやっぱり「国際通り」

国際通り沖縄旅行の最後は、沖縄最大級の繁華街「国際通り」で締めくくりましょう。空港からも近くモノレール一本で行けるため、那覇市内を観光するのに最適な場所です。

沖縄を代表する繁華街のため、飲食店やショップがたくさん出店しています。沖縄グルメはもちろん、カフェや居酒屋、コンビニなど何でもあるため、飛行機に乗るまで時間がある場合は、国際通りで時間を潰していきましょう。

ちなみに、国際通りはお土産屋さんやギフトショップもたくさん出店しています。空港で買うより安いため、お土産をたくさん買いたい人は国際通りで購入していきましょう。

<国際通り>
場所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志 3-2-10
駐車場:有料駐車場あり

沖縄女子旅におすすめのホテル

沖縄ホテルのイメージ画像ここでは、沖縄女子旅におすすめのホテルを3つ紹介していきます!リゾートホテルや立地の良いホテルを紹介していくので、女子旅の参考にしていただけると幸いです。

沖縄を代表するリゾートホテル「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」は、沖縄中部の恩納村にあるリゾートホテルです。沖縄を代表する景勝地「万座毛」の対岸にあるため、ロケーションは抜群。

沖縄らしいリゾート施設が充実していることで有名で、ガーデンプールや大浴場、ギフトショップなど、リゾートホテルに求めるものがすべて揃っています。さらにホテルの目の前にはコバルトブルー色のプライベートビーチもあるため、夏は朝から沖縄の海を楽しむことができます。

また、宿泊者限定のサンセットクルーズやビーチアクティビティもあるので、沖縄の海を堪能したい人は事前に予約しておきましょう。
ベットが3つある部屋もあるので、女子旅におすすめのリゾートホテルを探している人は参考にしてみてください。

<ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート>
場所:〒904-0493 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2260
電話番号:098-851-7446
駐車場:無料駐車場あり
予算:15,000円~30,000円(2~3名)

コスパ&ロケーションが最強の「ベッセルカンパーナ沖縄」

ベッセルカンパーナ沖縄沖縄中部に宿泊するなら「ベッセルカンパーナ沖縄」がおすすめです。先ほど紹介した美浜アメリカンビレッジ内にあるホテルで、画像のとおり女子旅に最適なおしゃれで可愛い外観となっています。

ホテル館内の設備もかなり充実しており、沖縄の海を一望できる展望浴所や開放感溢れる屋外プールが備わっているんです!また客室はとても広々としており、全室にバルコニーがあるためアメリカンビレッジの夜景を見ながら部屋でゆっくり過ごすこともできます。

さらに宿泊者用の朝食ブッフェもかなり充実しており、沖縄の郷土料理であるチャンプルーやソーキ汁、タコライスなどを堪能することができます。沖縄グルメを楽しみたい人は参考にしてみてください。

アメリカンビレッジ内にあるホテルの中だったらかなりコスパが良いです。女子旅向けのおしゃれなホテルを探している人はベッセルカンパーナ沖縄を検討してみてください。

<ベッセルカンパーナ沖縄>
場所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町字美浜9番地22
電話番号:098-926-1188
駐車場:無料駐車場あり
予算:10,000円~20,000円(2~3名)

那覇に宿泊するならココ!「パシフィックホテル沖縄」

パシフィックホテル沖縄那覇中心地に宿泊したいなら「パシフィックホテル沖縄」がおすすめ。那覇空港から車で8分という好立地にあり、約350台収容可能の無料駐車場もあります。

客室はゆったり&広々とした内装で、最大5人で宿泊できる「パシフィック・タタミ・ツイン」もあります。ツインベット2つに布団3枚(和室)という快適空間のため、大人数での女子旅に最適ですよ!

またレストランやカフェ&バーも併設されており、特に開放的で広々とした「パシフィックオーシャンカフェ」は、休憩するのにおすすめのカフェです。ほかにも、ホテル内にはコンビニ&お土産ショップやガーデンプールもあります。

那覇中心地のホテルにしてはコスパが良くリゾートホテル並に広いため、那覇中心地に宿泊したい人は参考にしてみてください。

<パシフィックホテル沖縄>
場所:沖縄県那覇市西3-6-1
電話番号:098-868-5162
駐車場:無料駐車場あり
予算:10,000円~20,000円(2~3名)

沖縄女子旅2泊3日モデルコース

今回は沖縄女子旅2泊3日モデルコースをご紹介しました。今回紹介した観光地以外にも、沖縄には魅力的なスポットがたくさんあります。
今回の観光モデルコースを参考に、ご自身で他のスポットを調べてアレンジするのもおすすめです。

また本記事では紹介しきれませんでしたが、沖縄には美しいビーチや美味しいご飯屋がたくさんあります。沖縄のその他の観光情報は、ぜひAVA Travelをチェックしてみてくださいね!

旅行プランを瞬時に作成 App Storeでダウンロード Google Playでダウンロード

関連記事

  1. 新潟で日帰り温泉が楽しめる穴場スポット6選!周辺のおすすめ観光情報もご紹介

  2. 熊本城の景色画像

    車なしでめぐる熊本城&名物グルメ!日帰りにもおすすめ熊本観光モデルコース

  3. 宇奈月温泉

    宇奈月温泉で食べ歩きのできる人気のお店6選!観光に便利なおすすめホテルもご紹介

  4. 悟りの窓

    女子旅にぴったり!鎌倉・江ノ島観光のモデルコースを紹介!

  5. 宗谷岬

    日本最北の街「稚内市」を楽しむ!観光におすすめのモデルコースをご紹介

  6. 福島観光モデルコース 小名浜港 写真

    定番から穴場まで!日帰りで行くおすすめ福島観光モデルコース